トップ >  ブログ

みんなの党

みんなの党

本日の産経朝刊正論にて、拓大の遠藤教授が自論を展開しておられましたが、正にその通りです。

「みんなの党」はいったい何を目指しているのか?新保守なのか中道右派なのか?、又中道左派なのか?

分からない尽くめの政党と最近特に思います。

維新に歩み寄ったと思えば、民主に近寄ったり、又自民と秋波を送ったりと、いったい何がしたいのか分かりません。

渡辺代表の私兵であり、彼の考えだけで右往左往しているように思います。

是々非々で行くのは結構ですが、党として憲法は変えるべきか、外交はどのようにしたいのか、経済はアベノミクスでいいのか、教育は今のままでいいのか、他政党の批判ばかりして「あなた方は十年後二十年後の日本は、どのような国にしたいのですか?」と言いたいですね。

 


LINEで送る

文教常任委員会視察

昨日と本日、二日間に渡り議会文教常任委員会で、福島県会津若松市
(子供の道徳教育の一環として)あいづっこ宣言の調査と郡山市(教育センター)教員の資質向上についての視察に行きました。
摂津市は人間基礎教育を八年前から提言しておりますが、それを教育現場に生かすべく、私が提言して、会津若松の「あいづっこ宣言」をモデルとして「せっつっこ宣言」を作成することになりました。
もうひとつは教員の資質が問題になっている昨今、教員の資質向上に向けて取り組んでいる施設を見てまいりました。


LINEで送る

みんなの党

維新との選挙協力を解消したみんなの党が民主党との意見交換をするらしいです。
渡辺代表は公党を私兵と思っているのか、橋下発言を党としてしっかりと議論・分析をせず結論を出しているように見えます。そして民主党の誘いに乗るのか?公党として間アジェンダとか理念とか言っているが、みんなの党の思想信条が国民には分からない、いったいどちらに向かって行っているのでしょうねー。
政党の党首としての器が出来てないのではと疑います。


LINEで送る

橋下発言

今回の橋下大阪市長の発言、公の立場の人が臍下の話を、おおっぴらにすることは品位に欠けることだとは思います。がしかしアメリカ、韓国が血相を変えて橋下発言を批判するのは、如何なものかな?と思います。アメリカも韓国も日本も、基本的人権を重んじる国であり、そういう面では価値観を共有していると想います。それであれば「従軍慰安婦」問題を批判する前に、自分たちがそのようなことをしていないか?十分検証をしてからその問題を追及すべきと思います。

アメリカの占領下で、米兵の性犯罪予防の為、日本政府に非公式で「公娼制度」を導入を促したと聞いております。俗に言う「パンパン」という米兵相手の娼婦たちの話を聞いたことがありますし、韓国もベトナム戦争の時、ベトナム女性に対して凄まじい性犯罪行為を行い「ライダイハン」という問題が生じました。

その時の時代背景を検証し、自分たちの行いをそれぞれが反省してから、他国を非難すべきだと思います。

 

 


LINEで送る

消防団訓練

本日、消防団の訓練をしました。防火服が暑かったです!!

image


LINEで送る